\妊活の最初に読んで/ 胚培養士✖️骨格調整師✖️自然療法士が思うこと

Awake! Baby

こんにちは、愛妻家ゆうとです(プロフィール)。

胚培養士をやめて、まさか骨格調整や自然療法の道に進むとは…我ながら予想外の展開(プロフィールはこちら)。とはいえ、この3つを辿ってきたからこそわかってきたことがあります。いろんなアングルから「赤ちゃんができない状態」を分析する視野ができたことで、より的確に妊活アドバイスができるようになったのは事実です。

この記事では、細かい極意は別記事でそれぞれアップするとして、全てにかかわる極意というか「妊活をする前に押さえて欲しい極意」として、思ったことを記事にしていこうと思います。

\胚培養士歴13年ゆうと公式LINEアカウント始動しました/
ほやほやです。最新の情報、個別コンサルタント情報、元胚培養士による妊活サポート情報が欲しい方は登録して活用してください。QRコードじゃなくリンクから登録希望の方はこちらをクリックしてください。

堂々としていていなさい

「わたしたち夫婦の子を授かりたい」
「子どもを産み育みたい」
その想いは、とても素敵で、素晴らしいこと。妊活は不妊の人のものではなく、妊娠したい人のためのサポートプログラム。誰かに引け目を感じたりせず、遠慮なく、堂々と、妊活をして良いんです。

あなたが主役だ

あなたの人生の主役は、他の誰でもない「あなた自身」です。主役なんだから、ちゃんと自分を優先順位1位にしてあげてください。他の人や職場への遠慮は不要。

あなたが思っているより妊活の人は多い

妊活中のKさんから聞いた話。同級生3人集まって話をしてたら
ある1人「妊活中で流産したの」
もう1人「私も妊活してるよ」
Kさん「え?私も…」
結果、みんなで流産を悲しみ泣いて、励まし合ったそう。
あなたが思ってるよりも、妊活している人は沢山いるんだよ。「あなたの体がなにかおかしいわけではない」ということ。

餅は餅屋

結局、餅は餅屋なんです。「妊活サポート・妊活コンサル受けてるのですが、妊娠しないんです」っていう人は、餅屋じゃないところに行ってるから。ヨガの先生、理学療法士さん、妊活カウンセラーさん、妊活経験者さんから受けてもドンピシャのアイデアはもえない。だって妊娠の仕組みや不妊の仕組みを熟知している餅屋じゃないから。餅屋に行きましょう。

妊活で一番大事なこと

長年胚培養士した結果、メンタルを病んで分かったことは、「病院側がマックスの実力を発揮しても結果が出ないことは多々ある」ということ。その証拠に、体外受精の妊娠率は平均30%程度。体外受精で30代年齢層で妊娠率50%以上をたたきだしたことはよくあっても、60パーセント以上はまず経験しないし、他のクリニックでも見たことがない。ということは、少なくとも残り40%は、病院の薬や技術や培養努力が到底及ばないところに、妊娠のヒントがあるということ。それはズバリ「母体になる身体の状態」。

栄養が足らなくて、日頃から丁寧にお世話されていない荒れ放題の畑だとしたら、種を蒔いたり耕す人がプロフェショナルな職人でも、良い芽は出にくい。
みなさん、まずは、自分の体のケアを意識してください。