妊活・まず最初にする5ステップ

Baby オススメ記事 自然妊娠を目指すひとへ

こんにちは、愛妻家Yutoです。

元胚培養士Yutoとして、妊活を意識し始めたときにしてほしいことを記事にしてみました。今回は5つのステップに分けて、病院に行く前にした方がいいこと、早めにしていた方がいい検査、知っていた方がいいことを記事にしてみました。そこを押さえておくと、これからの妊活がスムーズに、そして必要以上の心配やストレスを抱えずに進めると思います。

もくじ
1、5ステップに入る前の準備運動
2、妊活で最初にした方がいい5ステップ
   2−1、パートナーとの話し合い
   2−2、自分の年齢の妊娠率を知る
   2−3、自分の生理周期を把握する
   2−4、精液検査を受ける
   2−5、卵管造影検査を受ける
3、妊娠への最短ルートを探す旅

妊娠したいけど、何をどうしたらいいかわからない!というベビ待ちさんは参考にしてみてください。

1、5ステップに入る前の準備運動


妊娠して、出産まで妊娠を維持するためには「あなたの体がとても健康であること」が必要最低条件。病気の人は病気を治すことに自分の栄養やエネルギーを使わないといけないから、なかなか卵子や受精卵まで栄養やエネルギーを使えなくて妊娠しにくい。見た目の健康と、体の中の健康は別物です。

見た目が若々しくても、ジャンクフードが多かったり、骨盤が歪んで冷え冷え体質だったりすると、ショボショボの卵子になったり、受精卵が着床しても育つための栄養が血管がしぼんでいて運べなかったり不都合が起きちゃいます。ここでいう準備運動は、日常生活を見直すことです。大事な項目をいくつか挙げていくので、可能なところは自分で改善していきましょう。

✔️夜更かしをしない(22時〜深夜2時は生殖ホルモン分泌の大事な時間)
✔️ストレスを溜めない(休息する、遊ぶ、香りで癒す)
✔️カラダを冷やさない(例:お風呂は入浴する、サンダルを履かない)
✔️コーヒーを飲み過ぎない
✔️ジャンクフードや外食は控えめに
✔️小麦粉・乳製品・白砂糖の摂取を控える
✔️薬や肌に塗布するクリームなどは品質をチェックする(経皮毒を減らす)
✔️良質なミネラルを摂取する(なんでも妊活サプリに食いつかない)
✔️骨盤の歪みをとっておく(骨盤内の血流改善や低体温の改善)

2、妊活で最初にした方がいい5ステップ

準備運動いかがでしたか?良い生活習慣を身につけながら、次のステップに進んでみましょう。

2−1、パートナーとの話し合い


「赤ちゃんを授かること」についてパートナーとの話合いは大切。ほとんどのご夫婦は自然と話し合いをしているけれど、そうじゃないご夫婦もみられます。ご主人が「子どもはいらない」とか「2人目はいらない」という風に夫婦の意見が違ったり。いまは経済的な理由もあるかもしれません。だから、妊活をスタートする前に、夫婦で意見が一緒か確認しておくと、ご主人からの協力が得られやすくなって「夫婦2人で妊活する」という理想的な妊活ができると思います。

ご主人が妊活に積極的で無い理由にたまにあるのが、「子どもは欲しいけど、妻のカラダに負担がかかるのが心配。だから不妊治療を積極的にさせたく無い」という優しい理由で妊活に前向きになれないご主人もいます。そう口に出してくれれば良いんですが、男性は口下手な人が多いものです。そういう場合は、治療にも自然妊娠に近いものから体外受精までいろんなレベルがあること、など一緒に本を見たり説明を受けたりすると良いと思います。

生まれてくるかもしれない赤ちゃんを夫婦2人で優しく包んで育めるように、夫婦の話し合いは欠かせない「はじめのステップ」です。

2−2、自分の年齢の妊娠率を知る

【アメリカのシルバー教授の著書より引用(*は別のデータから)】

年齢 自然妊娠率
20代前半 25%
20代後半 15〜20%
30代前半 10%
30代後半 8.3%
40〜42歳 5%(*)

きっと、皆さんの予想よりも妊娠率低かったんじゃないでしょうか? このデータを見てもらったらわかると思いますが、生理が来るたびに必要以上に落ち込む必要はないんです。

もう一度いいますね。生殖系にトラブルがない人でも、妊娠率はみなさんが思っているより低いです。例えば、30代前半の妊娠率は10%。つまり、排卵日ちょうどにバッチリ10回タイミングをとれたら10%×10回(10ヶ月)=100%になる、つまり10回のタイミング(10ヶ月)で1回妊娠するだろう、ということです。

これを知っていると「1年後までに妊娠を目指せばいいね!」と具体的な目標が立てやすくなります。それを知らないと、タイミング3回目や5回目で生理が来るたびに、「私はもうダメだ、妊娠できないんだわ」と不要ながっかりを体験しないといけなくなります。モチベーションも下がったりね。そうならないように、妊娠率と妊娠に必要な期間の目安は知っておきましょう。43歳以上のデータをここには書いていませんが、妊娠率がゼロということではないです。ただ、妊娠できるリミットが差し迫っているのは間違い無いので、早めに体質改善をして、専門機関に行かれるか、どう動くべきか知りたい方はぼくのカウンセリングを活用してください(後記)。

2−3、自分の生理周期を把握する

生理周期を記録していないと、排卵日がまったく予測できません。生理周期がかなり長かったり短かったりする人もいるので、その有無をチェックするためにも自分の生理周期は知っておきましょう。いまは生理周期を記録して管理してくれるルナルナCLUEなどの使いやすいアプリが出ていますから、使ってみると良いです。

アプリに生理日を記録していくと自動的に排卵日の予測をしてくれます。あくまで予測なのでズレることもありますから、正確に排卵日を知ってタイミングを取りたい人はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。いまの自分の生理周期が規則的なのか、25〜35日周期のように幅があるのか、または規則的だけど40日周期のように長いのか、など自分の生理の特徴を知っておくと病院に行った時に、ドクターが最善の治療を選択する助けになります。

2−4、精液検査を受ける


「何年もタイミングをとって妊活してるけど、全く妊娠しないんです!」と言われる方がいたので、精液検査を提案したところ、自然妊娠が難しいほど精子が少なかった、ということがあります。精液検査では精液量・精子の数・動いている精子の割合・形が奇形の精子の割合などを検査します。精子が多いか・少ないか、元気のいい精子の割合を知ることは、妊娠への最短ルートを決める大事なポイント。

「夫が精液検査に協力してくれない」と聞くことがあるけれど、ほとんどは、協力しないのではなくて、女性ばかりの場所に行くのが恥ずかしい、とか、痛いことされるのかも?結果が怖い、とか不安になっているだけのことが多いですよ。いまは、病院によっては、自宅で精子を採取してもらって、奥さんが病院に届けるというスタイルもありますから、それが可能か病院に確認してみましょう。

*最近は、インターネットで精液検査をするサービスが出てきていますが、申し込まないようにしてください。郵送までに時間がかかるので生きていたはずの精子が死んでしまったり、それによって運動率が激減したりと正確なデータが得られません。精液検査は精子の数だけではなくて、運動精子の割合や動き方が特に重要ですから、採取した日に病院で検査をしてもらいましょう。

2−5、卵管造影検査を受ける


男性は精液検査がポイント、女性は卵管が詰まっていないかみる検査(卵管造影検査)がポイントになります。卵巣から排卵された卵子は、卵管の中で精子と出会って受精します。ってことは、卵管が詰まっていたら卵子と精子は一生出会えない→自然妊娠できない、ということ。

もし、卵管が詰まっていたとしても体外受精で妊娠を狙えるから大丈夫。体外受精とは、卵巣から卵子を採取して、外で受精させ、受精卵を子宮の中へ戻す一連の治療をいいます。不妊期間が長い人は、早めに検査しておいて損はありません。卵管が詰まってしまう理由は様々だけど、感染症や開腹手術の影響、子宮内膜症が多いと思います。

3、妊娠への最短ルートを探す旅


上の5つのステップは、妊活の最初のステップです。この5つのステップを終えたら、「次に何をしたらいいか?」が見えやすくなります。

例えば、20代前半の女性だけど卵管が詰まっていたら、若くても、精子が元気でも、体外受精じゃないと妊娠できません。逆に30代後半でも、卵管も精子も生理周期も問題なければ、例えば「1年」と期限を決めて自然妊娠を目指してみるのも悪くないです。40代以上になると異常がなくても体外受精に早めに踏み切るのもアリです。というふうに、ひとりひとりの状況や検査結果で妊娠の最短ルートは変化します。その人なりの妊娠へのルートが見えてくると、「何をどうしたら良いのか分からない!」といった漠然とした不安や焦りは消えて、しっかり前を向いて妊活に取り組めるようになると思います。

病院では色々聞きにくい、もっと踏み込んで専門的なアドバイスが欲しい、自分の体にあった体質改善アドバイスが欲しい、という方は、Yutoのオンライン妊活カウンセリング(40分10,000円)もしていますので、気になる方はご利用ください。

赤ちゃんのいる未来目指して、みなさんが淡々と、賢く妊活に取り組むための一助になれれば幸いです。