沖縄での不思議な体験 6/23は慰霊の日

Other Trip

こんにちは、愛妻家Yutoです。

6月23日は沖縄の記念日「慰霊の日」。
むかし、沖縄を訪れたときに出会った不思議な体験を思い出す。


一人旅で宿泊した那覇のホテル。寝ていたら、鏡から兵隊さんが出てきて、僕の上を歩いて行った。


僕を踏んづけようとしてるのではない。
ただ、行進のように真っ直ぐ前を向いて歩いて行った(お腹にズシリ)。


そのとき、怖いとかより、弔わないと!と思った。


「いま僕がこんなふうに観光で沖縄に来れていること、僕らの世代が平和に暮らせている事、それはこの人たちが命をかけて戦ったから」


「おいおい、思い出してくれよ」と兵隊さんに言われた気分だった。


次の日に、予定を変更して平和祈念資料館と平和祈念公園へ。


ズラッと並んだたくさんの慰霊碑に、ぎっしり名前が刻まれている。


数え切れないたくさんの犠牲の上に、ぼくらが平和に過ごせる事に感謝。そして、このような馬鹿げた戦争はもう二度としてはいけない。人種や国関係なく、戦争でヒトの命が無くなるのはおかしいこと。


今日は、沖縄戦等の戦没者を追悼する日。


資料館で、日本語の音声ガイドのイヤホンを借りたのだけど、返却した時


「Thank you very much」と言われ
「Thank you!」で返したのも、良い思い出。


たまに中国人か韓国人に間違えられる。笑