【首こり】ストレッチより3分のゴシゴシケア(動画)

Body

こんにちは、愛妻家Yutoです。

首こりにお悩みですか?

デスクワークやスマホ、原因はいろいろ。
なかには、不安や緊張といったメンタルから肩に力が入って起きることもあります。

看板のない骨格調整・整体サロンを経営して6年目。
そんな僕から、ちょっと意外で簡単すぎる首こりケアをお伝えします。
首こりでお悩みの人、ストレッチより簡単なケアを知りたい人は必見です。

首こりは甘くみてはいけません。
その理由もお伝えします。

もくじ
1、3分でできる肩こりケア(ゴシゴシケア)
2、「毎日」ゴシゴシケアするのをオススメします

3分でできる首こりケア(ゴシゴシケア)

擬音語多いです。

直接筋肉をほぐそう(ストレッチより簡単)

ストレッチは伸ばすことで間接的に筋肉を緩めます。首こりにもGOOD。じゃあなんで、ストレッチをお伝えしないかというと、ストレッチにはコツがあるから。ギュンギュン素早くしないこと。ゆーっくり動かして、伸ばしてから、しばらくキーープ!のような動きをすると効果的です。ストレッチ好きな人は、このポイント、意識してみてください。今回お伝えするゴシゴシケアは、コツは必要なし。単純な動きの繰り返しです。しかも、首の筋肉を直接に緩める方法なので「お?首こってるかも」と思ったらその場でササッと手軽にケアできます。

ゴシゴシする場所は首じゃなくて「頭」です

首をほぐしたくなるけど、実は頭が大事。とくに後頭骨がポイントです。
「首なのに頭??」そう思うかもしれないですね。セラピスト用語だけど、筋肉の両端を起始・停止といいます。筋肉の真ん中をほぐすよりも、両端の起始・停止を緩めたほうがグッと早く緩みます。だから、今回は首ではなくて、首の筋肉群が付着する(停止する)後頭骨をゴシゴシ緩めます。

動画で解説します


ゴシゴシする場所はTOP写真の女性の斜線のところ。後頭骨、ちょうど左右の耳をつなぐ後頭部の部分です。指で上下にゴシゴシしていきます。目安は3分くらい。なんでも適度がちょうどいいので、やりすぎなくて大丈夫です。セルフケアのあとは体の循環が良くなりますから、お水をコップ1杯飲みましょう。

「毎日」ゴシゴシケアするのをオススメします

首の付け根には大事なスイッチがある

首の付け根には、血液やリンパ液をカラダの隅々まで流すためのスイッチがあります。長年の施術の中から感覚的にこのスイッチの存在を確信しています。のべ5000症例を診てきて、人によってこのスイッチが、きれいにONのひと、ONとOFFの中間ひと、OFF直前のひとまで様々です。そして、確率でいうと5%くらい(10%以下)で、このスイッチが完全にOFFになっているひとに出会います。ON/OFFの中間、OFF手前のひとは施術をすることで、スイッチがONになりやすいけれど、、完全にOFFのひとは1回の施術ではなかなかONまで回復しないという特徴があります。

このスイッチOFFは、病気に注意のサイン

首の筋肉がカチコチに硬くなってしまうと、スイッチがOFFになります。つまり、全身の流れが悪くなっている状態。僕らは何十兆個もの細胞でできていますよね。その細胞を元気にするために血液が酸素や栄養を24時間休みなく送っています。スイッチOFFになっているということは、酸素や栄養が目的地に向かう前に引き返しちゃて末端まで栄養がいっていない状態、ということ。つまり、病気になりやすい状態ということです。このスイッチが完全にOFFになっているお客さんには、さらに問診をして、骨格以外の方面からも病気にならないアドバイスをするようにしています。頚椎後縦靱帯骨化症のように首の骨(頚椎)や筋肉に疾患があるひとも意識して首を緩めてください。

毎日、朝晩、ゴシゴシケアをしよう

首はとっても大事な場所です。首こり・痛みがない人も、カラダの状態をよ良くするためにゴシゴシケアをぜひ習慣にしてみてください。できたら、朝晩3分ずつできたらベストです。ゴシゴシだけで首のスイッチをONにできます。こんなのでホントに楽になるの?って思うかもしれないけれど、とりあえず試験的に続けてみてください。首こりのひとは、1週間続けると、首こりが気にならなくなっていることに気づくと思います。

精油と併用してパワーアップ

精油をお持ちの方はゴシゴシケアに併用すると、スッキリして効果的。
ぼくのオススメの精油は、CPTG等級のペパーミント精油、レモングラス精油です。
左手のひらに1滴垂らして、右の指先ですくって、後頭部をゴシゴシしましょう。
(敏感肌の人はキャリアオイルで少し希釈してから)

僕自身、PC作業を多くした日はペパーミント精油とスペシャルブレンドを合わせて、ゴシゴシしています。
CPTG精油を試てみたい人は、メッセージをください。

まとめ:首のゴシゴシケアは病気予防にも必須

・ゴシゴシケアで直接筋肉を緩めてみよう
・ゴシゴシする場所は首じゃなくて「頭」です
・動画でゴシゴシする場所を解説します
・首の付け根には血流やリインパの流れを調整するスイッチがある
・スイッチOFFは病気になりやすいサイン
・日頃のゴシゴシケアでスイッチをONにしておこう
・精油を併用すると効果的

地味で簡単すぎる、首こりケア。
まずは騙されたと思って続けてみてください。

現在、骨格調整スクールの生徒さんとさらに簡単パワフルなセルフケアを開発中です。
お楽しみに。