赤ちゃんにも使える【虫除けスプレー】の作り方

Aroma

こんにちは、愛妻家Yutoです。

そろそろ蚊や虫に悩まされる季節。虫除けスプレーが大活躍する季節です。
健康マニアのぼくら夫婦は、毎年精油で虫除けスプレーを作ります。市販の虫除けスプレーを使っている人は、手元に持ってきて、ボトルにある説明書きや成分を確認しながら記事を読んでみて。市販スプレーを毎年使い続けてるひとは、もしかしたら、知らないからそうしているだけで、知ったら使いたくなくなるかもしれません。情報を知って初めて、使い続けるか、他のを試してみるか、やっと選択肢が現れます。

もくじ
1、知っているのと知らないのは大違い。虫除けには3種ある
2、赤ちゃんにも使える虫除けスプレーの作り方

アロマセラピー歴10年、doTERRA歴7年のYutoがお伝えします。
「赤ちゃんにも大丈夫のものを探してる」
「からだに触れるものはなるべく自然なものがいい」
「品質にこだわりたい」
「口に入っても大丈夫なものが良い」
というひとは参考にしてみてください。

1、知っているのと知らないのは大違い。虫除けには3種ある

①化学物質ディート(DEET)が入っているもの

第二次世界大戦中のジャングル戦を機に、1946年に米軍が開発した化学物質。【ほとんどの】虫除けスプレーに入っています。蚊など虫の感覚神経を麻痺させる作用があって、皮膚に接触したディートは、56%が皮膚から吸収されて、17%が血中に吸収されるそう。殺虫剤や農薬という名前でなく、虫除け(忌避剤)というジャンルになので、ついつい安心して使用されがちです。アメリカ・デューク大学の動物実験では、マウスへの連続投与で神経毒性がみられたことから、カナダでは子どもへの使用に厳しい規制が設けられています。日本では、濃度12%以下のものが主流だったけれど、2016年にさらなる感染症予防を目的に30%濃度の製品を認可。今では高濃度30%のスプレーも普通に市販されています。人によっては、アレルギーや肌荒れを起こすことがあるそう。高濃度では、衣服を溶かすので、気をつけましょう。日本では、子どもの年齢によって使用の規制があります。

生後6ヶ月未満の乳児 使用禁止
6ヶ月以上2歳未満 1日1回
2歳以上12歳未満 1日1〜3回

ディート30%濃度の虫除けスプレーは、12才未満へは使用禁止。

②化学物質イカリジンが入っているもの

イカリジンは、胡椒(ブラックペッパー)の辛み成分ピペリンに似せて作られた化学物質です。海外では1980年代から虫よけ(忌避剤)として使われ始め、ディートと同じくらいの効果があると言われています。人によって肌に合わない人がいるそう。大きな特徴は、ディートと違って衣服を溶かさないこと。子どもへの使用は、ディートほどの規制はありません。

③精油を使ったもの

ふふ。ぼくが、大好きなアロマテラピーはこんなところにも使えます。いくつかの精油には、蚊など害虫を遠ざける虫除け(忌避)作用がありますよ。これらの精油を使って、ディート・合成香料・着色料無添加の虫除けスプレーが作れるから、赤ちゃんや小さなこどもに安心して使えます。虫除けスプレーって、どうしても顔や首にもするでしょう?なので、個人的には、噴霧したものが、口や呼吸器に入っても安全なものが良いと思ってます。Yutoオススメの虫除け精油は、doTERRAのレモンユーカリプタス精油、ユーカリプタス精油、シトロネラ精油、レモングラス精油、ゼラニウム精油、ブレンドオイルのテラアーマーなど、たくさんありますが、今回は、レモンユーカリプタス精油と、テラアーマーをピックアップしてお伝えします。

レモンユーカリプタス15ml(小売価格2700円 メンバー価格1800円)


レモングラスにも似たスパイシーさと清涼感がある香り。レモンユーカリプタスは、オーストラリアで「解熱の木」とよばれていて、先住民アボリジニは発熱した時に使ったり、蚊が運ぶマラリアの予防にも使っていたそう。蚊や虫が嫌がるp-メンタン-3.8-ディオールの元になる「シトロネラル」が高濃度に含まれていることから、化学物質ディートと同じくらいの虫除け作用があるといわれています。表にあるようにユーカリプタス(E.globulus)精油よりも、レモンユーカリプタス精油のほうが1.67倍忌避作用が強いそう。そして、シトロネラルがシトロネラ精油より多いことにビックリ。

精油の種類(濃度1%) 蚊の忌避率 シトロネラル濃度
レモンユーカリ精油 E.citriodora 90% <80%
ユーカリグロブルス精油 E.globulus 61% 微量
シトロネラ精油 データなし <45%

*その他参照 Vera et al.,2014
*シトロネラル濃度はdoTERRA精油のデータです

テラアーマー 15ml(小売価格2400円 メンバー価格1600円)


doTERRAの防虫ブレンドといったらお馴染みのテラアーマー。清涼感もあるけれど甘い良い香り。子どもたちも大好きな香りです。最初からココナッツオイル(キャリアオイル)で希釈されているから、大人はもちろん、小さなこどもや、大切なペットにも、ササッと取り出して、塗布やスプレーで使えます。以下の精油がブレンドされています。
・レモンユーカリプタス:昆虫とくに蚊が得意
・アーボビテ:衣類を虫から守るのも得意
・シダーウッド:ダニやノミ除けも得意
・イランイラン:蚊に対する撃退効果
・タマヌシード(テリハボク):肌を守ったり、虫刺されに
・キャットニップ(イヌハッカ):蚊やゴキブリ、ネズミの忌避作用、猫が好む香り
・リツェア:空気を浄化
・バニラビーンズ:甘い温かい香りでこころを癒し楽しい気分に
・ヌートカ:アリなどの昆虫が得意、こころの解放にも

精油は、成分分析表の合計が100%になっているものがオススメ。ぼくは、大好きなdoTERRAのを使っています。

2、赤ちゃんにも使える虫除けスプレーの作り方


1分で出来上がる簡単レシピ。スプレー容器に水100mlと精油を入れてシェイクするだけ。そして使う前にもう一度シェイクしてから、スプレーしましょう。香りが消えてきたらシュッシュ!化学物質不使用だから、頻繁に使ってOKです。2週間で使い切りましょう。いろんなレシピがあるけれど、僕のオススメはこれ。もう少し効果を高めたければ少しずつ増量しながら試してみてください。

赤ちゃん・小さなこども用虫除けスプレー

①シンプルに:テラアーマー6滴
②ちょっと強力に:テラアーマー4滴+レモンユーカリ2滴
③暑がりの子に:テラアーマー3滴+レモンユーカリ1滴+ペパーミント2滴
④日焼けがきになる:テラアーマー3滴+レモンユーカリ1滴+ラベンダー2滴


おとな用虫除けスプレー

①日焼けが気になる女性に:テラアーマー6滴+レモンユーカリ3滴+ラベンダー5滴
②暑がりの男性に:テラアーマー6滴+レモンユーカリ3滴+ラベンダー2滴+ペパーミント4滴


蚊に好かれる人は

なぜか蚊に好かれる人っています。集団でいても一人だけ刺されるひと。そんなひとは、テラアーマー精油の直塗りがオススメ。テラアーマーはもともとココナッツオイルで希釈されていますから、手に2〜3滴出して肌が露出している場所に塗り広げましょう。持続時間は6時間ほどです。

あなたは、なにを選ぶ?

精油の虫除けレシピ見ていて、気がついた人がいるかも。子どもの場合、100mlの虫除けスプレーに精油6滴ほどなので、精油の材料費は60円ほど。大人は、15−20滴くらいだから180円くらいです。ぼくは、材料費がもっと高かったとしてもナチュラルで安全なものを使いたい。体の中に入れるもの、皮膚につけるものに気をつけて欲しい時代は、もうとっくに来ています。未来の子どもたちが健康に生きていけるように。そして、おとなが健康でいられる知恵を子どもたちに伝えられるように、愛妻家Yutoは頑張ります。

*アマゾン・楽天・メルカリには模造品が出品されているようです。品質を求めて買うのに偽物は悲しい。登録料3500円で1年間メンバー価格で購入できてメンバー特典があるから、正規ルートをオススメします。紹介者になってくれる人がいない時は、ぼくが使い方などのフォーローアップをします。気になる人はこちら。オンラインプチクラスもしています。

*スプレー容器やクリーム容器、ボトルは、Family Aromaさんが最安値でレア品が揃っててオススメです