Yくん(19歳)受験生【腰が痛くて長時間座れない!】

Body

こんにちは
愛妻家Yutoです。

カラダの症状や原因て、さまざま。

さまざまな症状・原因のクライアントさんが
どのようなプロセスで
どれくらいで
症状が良くなったのか?

当てはまる人がいたら
今後の参考にしてみてください。

このYくん。
受験シーズンなのに。
受験勉強はしたいけど
腰が痛くて長時間は座れない!

という、結構たいへんな状況でした。
どうなったか見ていきましょ!

Yくん(19歳)受験生

主訴

腰が痛くて長時間座れない!
息苦しさも強くて
受験勉強に集中できない。

そのほかの症状

・息苦しさ
・腕や指の痺れ
・首肩こり
・お尻の痛み(坐骨神経痛)
・頭痛
・歯ぎしり
・動悸(心臓ばくばく)
・ずっと下痢

来店〜Happyになるまで

【1回目】初めて仙骨調整に来店(仙骨の歪み:かなり大きい!)

・仙骨がすごい角度で折れ曲がっている
・背骨のカーブが多くてグニャグニャしてる

【2回目】2週間後の仙骨調整

・カーブの数が減ってきた
・仙骨の曲がる角度も少し小さくなった
・症状はまだある

【4回目】

・背骨はだいぶまっすぐに近づいてきた
・腰痛を気にせず勉強できるようになった
・呼吸も楽になった
・体調GOOD
・自分の体じゃ無いような感じ
顔色が良くなって笑顔が増えた!

【その後】
引き続き良い状態を維持するために月1メンテナンス

【受験勉強の行方】
無事有名国立大学に合格(おめでとう!)

Yくんにこの症状が現れた原因(推測)

このYくんに現れた背骨のカーブ、年齢にしては多すぎ。
(結構な症状が出ている壮年期以上の人に多い)

きっと小さい頃から歪ませていくうちにカーブが増えたのだと思う。
そして、長時間の受験勉強で座っている時間が長かったこと。

もうひとつ。
ソファーで浅く座ってもたれる座り方。
くつろぐ時に子どもたちがしてしまいがちな姿勢。
これメチャクチャ歪みます。

サロンでは
「ソファーには座らない。ソファーは寝るもの!」
とお伝えしています。
※ほんとは座るものだけどそれだけ歪みやすいツールってこと。

家族みんなで気をつけてみてね!