【精油をdoTERRAにブランドチェンジした理由】前編

Aroma

こんにちは
愛妻家Yutoです。

【精油をdoTERRAにブランドチェンジした理由】
前編・中編・後編に分けてみた。

ぼく、病院で13年間勤務してたから
もともと薬を使うのが当然だったし
ネットワークと聞いて恐怖で震えたし
実際にdoTTERAに出会ってから使い出すまで
警戒して2〜3年かかったタイプ。
そして精油飲むなんてもってのほか!と思ってた。

そんな、ぼくがdoTERRAを愛用する理由。

7年前の僕は
情報をちゃんと収集しないまま
”噂”や”怖い”だけで判断してた。

もし
doTERRAで嫌な思いした人がいるなら
「お気の毒だったね」と声をかけたい。

きっと
どんなひとから伝わったか?
どんな風にされたか?
で、嫌な思いをしたり
傷ついた人がいるかもしれない。

ぼく自身
通りすがりのドテラユーザーさんから
「紹介者からこんなこと言われたのだけど、どう思いますか?!」と
相談されること、あるもん。

doTERRAというより
伝える人に問題があると
おかしなことになるんだろうね。

なんで今回の記事を書くかというと

”真実でない噂”や
”検証せずに、なんとなく怖い”
“嫌な思いをした”
でdoTERRAを使うチャンスを逃している人がいたら

ちょっと
なんていうか
「もったいない!」
と思ったから。

【精油をdoTERRAにブランドチェンジした理由】前編

小さい頃から香りに敏感で
運動会の時に集めたみんなの赤白帽を
匂いだけで
「はい、これ〇〇くんの!」
「はい、これ☆☆ちゃんの!」と
嗅ぎ分ける気持ちの悪い特技がありました。


そして、20代後半から香りフェチ爆発で
日本では有名な精油メーカーの精油をたっくさん買い揃えて
書籍もたくさん買って
せっせこアロマセラピーを勉強。


そんなある日。
衝撃の出会いがありました(2011年の出来事)


陰謀論で有名なブロガーさんの講演会がある!っと聞いて
興味本位で会場に行った日の出来事。

ぼくの隣には温和そうな品のいいご夫婦が座っておられました。
そのお二人から漂うなんとも上品ないい香り。
(むむむっ、すごいいい香りがする!)


講演会と香りの両方に気をとられながら
集中力散漫な状態で講演会は進みます。
いよいよ講演会が終わる頃。


(ああ、もうこのご夫婦とは一生会えないかもしれない!)
(どうしよう!!)
※その会場はぼくの住む街から新幹線で行った場所なのです


シャイなぼくは、エイヤッ!と勇気を振り絞って聞きました。
「あの。このお香、どこのお香ですか?!」


当時のぼくはお香もよく焚いていて。
そのご夫婦から漂った香りは
サンダルウッドとパチョリの効いた
スモーキーな香りだったから
すっかりお香だと思ったの。


ご夫婦「あ、この香り?これはね、エッセンシャルオイルよ♪」


ぼく「ええ!!!(衝撃)」


ぼく「この香り、ぼく大好きで!どこで買えますか?」


ご夫婦「ドテラって会社だから、調べてみたら?そんな好きなら塗ってあげる♪」


ぼく「え?広袖(どてら)?服の名前??(ヘンな名前…)」

と困惑しているぼくをよそに
ご婦人がぼくの手をとって
コロコロコロコロ・・・
たーっぷり塗ってくれたの。
(※ロールオン)


たくさん塗ってくれたから
帰りの新幹線ではちょいと香り酔いしちゃったけど笑


帰って、買う気マンマン!
すぐさまパソコン開けましたよね。

「たしか、服みたいな名前、そうそうドテラ」
「んで、商品名がインチューン、っと!」
(ポチッ!)


で、検索結果が出て、衝撃。


そこに「ネットワーク」の文字が。。。。(ガビーン)!!
すぐさま、パソコンを閉じる。
あのご夫婦がネットワークされてるように感じなかったけど。。。


ぼくは
瞬時に
この出来事を無かったことに
思い出さないように
封印したのでした。


(中編に続く)