Yuto式・かんたん腰痛重症度チェック

Body

こんにちは
愛妻家Yutoです。

腰痛もちさんへ

自分の腰痛が【軽症】か【重症】かご存知ですか?

手術宣告されたひと・どこに行っても改善ができない人をメインにみているYutoから簡単な見分け方法をお伝えします。

もくじです。

1、同じ腰痛でも種類や重症度は違う
2、油断したら危険
3、歪みはみんなある。歪みの大小が大事
4、Yuto式腰痛重症度チェック
5、いまできる対策をしよう

1、同じ腰痛でも種類や重症度が違う

同じ腰痛でも、原因や痛みが起きるシステムは様々。例えば、ただの筋肉痛で腰痛を感じる人もいるし、仙骨(骨盤)の歪みと筋肉の損傷が合わさったギックリ腰があったり、強い歪みが原因で起きる腰椎ヘルニアなどなど。

歪みが原因じゃない筋肉痛の腰痛は、長時間しゃがんで草むしりしたときや、正しい姿勢を保とうと長時間背筋を伸ばし続けた時に起きやすいね。痛み方も違いがありますよ。歪みじゃなくて筋肉痛や筋肉疲労で起きる腰痛は「広範囲」に「ズーーーン・・・」と鈍い、または重い痛みが出ることが多いね。一晩寝たら、腰痛が無くなっているのも特徴。

一方、気をつけないといけない歪みによる腰痛は「ピンポイント」に「ピリッ!」とか「ズキッ!」と鋭い痛みが出やすいのが特徴。一晩寝ても痛みが起きるときは、要注意。

2、油断したら危険

軽症の腰痛を重症と勘違いして、細心の用心をして生活してるなら安心だけど。実際みてると、「逆」のことが多いよね。かなり重症の腰痛なのに、普通の腰痛と勘違いして「まぁ、歳のせいだろう」と歪みを放置。そして、腰に負担がかかる動きや無理な動きをして椎間板ヘルニア発症させちゃったり、とか実際にあるからね。気をつけて。
自分の腰痛が軽度なのか重度なのか、わかっておくのは大事なこと。重度のひとは無理をせず、適切なケアをしてもらいましょう(仙骨調整がオススメです)。

3、歪みはみんなある。歪みの大小が大事

ソファーや、背もたれにもたれて座るのが当たり前になった今、歪んでない人を探す方が超絶に難しい!
いまは、5歳から腰痛だったり中学生で膝痛だったり子供たちのカラダも心配なくらい老若男女問わず、歪みを起こしやすい環境なのですよ、実は!(いずれ別記事で書きます)。だから、ほとんどの人が歪んでいるという前提でいてもらって間違い無いと思います。
大事なのは、歪みが大きいか小さいか。歪みが小さければ症状も軽いですね。もちろん歪みが強ければ症状は重くなります。

4、Yuto式かんたん腰痛重症度チェック

Yuto式腰痛の重症度チェックは、簡単。
図の①〜③の場所のうち、どこ(どこらへん)が痛むか、見てみましょう。

ちなみに、腰痛はだいたい①の場所から始まって②→③と移行するパターンが多いです。③になるほど、要注意。

あなたの結果と重症度は?

①の場所が痛い人→軽症

前屈みのような腰に負担をかける姿勢や、背筋を伸ばした正しい姿勢などで起きる筋肉疲労の痛み。または、仙骨が少し歪んだことで腰の筋肉が少し凝った状態。腰痛の初期段階のことが多く、軽症の可能性が高め。

②の場所が痛い人→中等度

仙骨がしっかり歪んでしまったことで、骨盤の関節(仙腸関節)部にも歪みが起きて痛みが出ている状態。少しずつ歪みが強くなれば、③に移行しやすい。いまのうちに歪まない座り方に気をつけて、仙骨調整を受けることも視野に入れると安心。
※②の場所は上後腸骨棘(PSIS)と言ってお尻の上にある「エクボ」みたいな所。ここがPSIS。

③の場所が痛い人→結構歪ませてるかも(要注意)

仙骨が「かなり」歪んでいます。背骨の下(腰椎)まで大きく歪んでしまっている可能性があって、腰痛以外の症状も起きている可能性が大。
③の人は、腰痛の他に、お尻や足のしびれ、つっぱり感、腰の真ん中がズキン!と痛む、日常的に前屈みが辛い、上向きで寝ると腰が痛い、朝起きる時に腰が痛い、腰周辺がピリピリする、頑固な膝痛、頑固な股関節痛、首や肩が痺れる、腕がだるい、肩が痛い、などなど腰痛以外の症状も持っていることが多め。
※軽症の①の場所の人でも↑の症状がる人は、実は強い歪みだった、ってことがあります。

5、いまできる対策をしよう

歪ませない座り方を気につけるのは勿論だけど、すでに腰痛があって②か③に当てはまる人は、お早めに仙骨の歪みケアをおすすめします。ご相談の方はメッセージをどうぞ。

歪みを悪化させる座り方は、お尻の穴がべっちゃり潰れる座り方。
ソファーにもたれる、背もたれにダランともたれる、座椅子に座るなどのときは特に歪みやすいから、お尻の穴が潰れない座り方を日頃から気をつけましょう!