アロマテラピーとアロマセラピーって一緒なん?!

Aroma

こんにちは
愛妻家Yutoです。

今日もご機嫌にCPTG等級の「ベルガモット」を嗅ぎながら♪

ふと、アロマテラピーのメーカーをブランドチェンジした頃の記憶が蘇った今日この頃。

みなさんにはアロマテラピーお伝えしてるけど
まだクラスに参加できてない人もいるし
もしかして・・・
まだ・・・
と思い、アロマテラピーってなあに?という基本のところに触れてみました。

今日のお題
「アロマテラピーとセラピーって一緒なん?同じなん?なんなん?」

もちろん、ぼくも知らなかった

昔々、ぼくが精油というものにたどり着いたとき
そして、ここ数年前まで
ぼくも知らなかった。

そもそも
テラピーとセラピーがあることも知らなかった。

ってか
「どっちでもいいんじゃ!?」って思ってた。(反省)

どうやら2種類あるらしい

ちょっと
遠目から
冷静に
アロマ業界のことをみると

どうやら
2種類あるらしい。

でも、心配しないで。

呼び方はどっちでもいい。
でも、厳密には違うということ。

アロマセラピーってAromatherapy。

英語発音はアロマセラピー
フランス発音はアロマテラピー


発音だけじゃなくて
どうも

英国(イギリス)周辺国と
フランスで

精油の中身や使い方や違うということ。

過去にこんなことを聞いた

フランスに少しばかり行ったことのある友達から聞いた話。

体調悪い時
現地の知り合ったおばちゃんから
「これ、飲みなさい」って精油を分けてくれたんだって。

ぼく(当時の)「薬かいな!」
友達「どうも、フランスではそんな使い方しよるらしいな」
ぼく(当時の) 「えっっ!!!???」

いまの僕なら、「なるほどな」と言えるのだけど

当時は何も知らなかったから
「精油飲んだらいかんやん!?」って話ししたのを思い出す。

フランスでは
いまでも精油をドクターが処方したり保険適応もあるんだって。

結論

どっちで呼んでもいいけど
精油の中身や使い方がちょっと違う。

アロマセラピーは香ったりして癒しに使うもの
アロマテラピーは、癒しや、塗布や摂取をしたりして症状を治めたりにも使うもの。